スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐賀のがばいばあちゃん
2007-06-30 (土) | 編集 |
今日のレンタルDVDは 佐賀のがばいばあちゃん

感想を一言で言うと…哲学的(笑)


<ストーリー>

原爆症で父を亡くした明広は
飲み屋で働く母と兄と暮らしていたのだが
母恋しさに夜の街を徘徊する明広に
母は佐賀の実家に預ける事にする。
そこで待っていた生活は広島の家より
更に貧乏な生活であった。
島田洋七原作のベストセラー小説の映画化。


原作、売れましたね。読みました。
ドラマ化、されましたね。見ました。
えぇ、この作品が大好きなのです。。

以下ネタバレ注意
[続きを読む…前に↓応援お願いします(別窓)。]

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
カオス
2007-06-27 (水) | 編集 |
今日のレンタルDVDは カオス

感想を一言で言うと…そうきたか!

<ストーリー>

人質を取って立て籠もった武装集団が
銀行を襲撃した。包囲した警察に対し、
コナーズ刑事を交渉人に指名してきたローレンツ。
コナーズは謹慎中だったのだが新人のデッカーと
コンビを組む事で現場復帰を許されたのだ。
次々と起きる事件の謎を二人が追うサスペンス。


ローレンツがブレイドの人だな…と
それくらいしか出ている役者さんを知らず(笑)
ただそれだけで借りてきた割には面白かった。


以下ネタバレ注意
テーマ:DVD
ジャンル:映画
手紙
2007-06-17 (日) | 編集 |
今日のレンタルDVDは 手紙

感想を一言で言うと…難しい。


<ストーリー>

武島直貴には毎月、桜印の押された手紙が届く。
それは兄 剛志からの手紙。
兄は弟の学費欲しさに盗みに入った邸宅で
一人暮らしの老婆を殺してしまい服役中なのだった。
兄の存在がある限り、夢も就職も恋人との結婚も
うまくいかない直貴は、塀の中から届き続ける
兄からの手紙に返事を書けなくなっていた。



東野圭吾の同名小説の映画化…
原作を読んでいたので ストーリーは知っていた。
先に本を読んでいると大抵ガッカリするが
映像化されても 泣けました。

以下ネタバレ注意
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
出口のない海
2007-06-16 (土) | 編集 |
今日のレンタルDVDは 出口のない海

感想を一言で言うと…歌が良い。


<ストーリー>

並木は高校時代、甲子園で活躍し
大学へ進学したが肩を痛めエースの座を失った。
野球への思いは強かったが 太平洋戦争が勃発。
自ら志願し、海軍へ入った彼は極秘任務を果たすべく、
回天に乗り込んだ。


市川海老蔵…というと歌舞伎役者。
と、その前に私は芸能ニュースでしか
見た事がありませんでした。
が、演技。なかなか やりますね。

以下ネタバレ注意
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
サウンド・オブ・サンダー
2007-06-11 (月) | 編集 |
今日のレンタルDVDは サウンド・オブ・サンダー

感想を一言で言うと…こ、これで終わり?


<ストーリー>

2055年、タイムトラベルの技術を
開発したタイム・サファリ社。
金持ち相手にタイムマシンを使ったツアーを開催。
ある日、ヒトリの女がパーティーに乗り込む。
タイムマシンを開発したソニア・ランド博士だった。


SF映画は余り好きではない。
現実味に欠けるから。
面白いと思える作品に余り出会っていないのも
大きな理由なわけですが…今日もまた失敗(汗)


以下ネタバレ注意
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
父親たちの星条旗
2007-06-10 (日) | 編集 |
今日のレンタルDVDは 父親たちの星条旗

感想を一言で言うと…虚しい。


<ストーリー>

死期が迫った老人、ドクは
1945年、太平洋戦争の激戦地、硫黄島で
海軍の衛生兵として出兵した。
苦戦を強いられながら、山の頂上に星条旗を立てた。
帰国した彼等3名は米国中から英雄として讃えられたが…
クリント・イーストウッド監督による2部作の米国編。


先日観た 硫黄島からの手紙の第一部
両国側から、一市民の目で見られた映画。
たとえ勝利した国であっても、
個人の心に残る傷は深い。


以下ネタバレ注意
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
プラダを着た悪魔
2007-06-03 (日) | 編集 |
今日のレンタルDVDは プラダを着た悪魔

感想を一言で言うと…爽快。

<ストーリー>

ジャーナリストを志しているアンディ。
が、彼女が就いたのは一流ファッション誌
ランウェイのアシスタントだった。
多くの女性が憧れる職業だったが…
編集長ミランダの要望に応えるべく奮闘がはじまる。


もっと、ラブストーリー ラブストーリーしている
恋愛一辺倒な映画だと思っていましたが、
そうではなく、でも爽快な映画でした。

以下ネタバレ注意
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。