スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
2012-10-30 (火) | 編集 |
今日のレンタルBDは
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

感想を一言で言うと…見たくなかった。

<ストーリー>

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 - goo 映画より

夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた
遺品整理の手を止めてマーガレットは遙か昔を振り返る。
勤勉で雄弁な父を尊敬して育った小さな雑貨商の娘は、
オックスフォード大学に進学し、政治家を目指す。
初めての下院議員選に落選し落ち込んでいた時に、
プロポーズしてくれたのがデニス・サッチャーだった。
専業主婦にはならないと宣言して男女の双子をもうけた後、
ついに当選して国会議事堂に乗り込むのだった。



メリル・ストリープが
アカデミー主演女優賞を獲得した作品。
が、特に予備知識ナスで借りてみた。

以下ネタバレ注意


ま、簡単に言うと
鉄の女と言われたサッチャーさんの晩年。


認知症を患ってから、
過去を顧みるかたちで進んでゆく作品ですが。


こう、ワタクシは
現役で首相をやってらっさる頃…
まさに鉄の女!て言われた頃が記憶にあるので


これが現実、て言われてしまえばそうなんだけど
老いた姿、今を見たくなかった、て思う。


強き女性の象徴で、その分、
家庭を犠牲にしてたんだろうけど


あの強き鉄の女、て呼ばれていた部分が
サラっとしてるだけに、こう、現実の
年相応さを見てはいけない感じにさせる。


いや、もっと鉄の女っぷりが見たかった。


似てる、てのもそうだけど
メリル・ストリープは、さすがの貫禄!


だけども、作品としては
昔と今を行き来しすぎてる感。


個人的評価:★★★☆☆

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 コレクターズ・エディション [Blu-ray]マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2012/09/04)
メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント 他

商品詳細を見る
テーマ:Blu-ray
ジャンル:映画
コメント:
この記事へのコメント:
サッチャーにも いろんな面がある
サッチャーの政治家としての実績は すばらしいが あくまで それは 彼女の"光"の面

 孤独な面は彼女の"影"の面。あまり知られない部分 あるいは知られたくない、知る価値がない部分だってあるから・・・

ストリープ演技は さすが女性版デニーロと言われるほど役のリサーチ振り。彼女の演技にデニーロも認めるのも 当然だなと 思いました。

 とある偉大な親を持つ七光り子ども特集で
サッチャーは 双子の息子と娘で 息子"マーク"を溺愛して "娘"キャロルは そっちのけのえこひいき愛情だったそうです。

息子のマークは甘やかし放題が災いしたのか
アフリカ大陸の 「パリ・ダカール レース」で行方不明になった際 サッチャー首相は あわてふためき、国家予算の日本円で2億円つぎこんで捜索したら レースを勝手にリタイヤして  砂漠の中 テント張って のほほんと待ってたそうです。 そして 母マーガレットに対し、

 「SORRY、MOMMY」 (ママ、ごめんな~) と新聞の見出しになっちゃいました・・・・
アホ・・・・(><)

 この騒動が きっかけで、イギリス中が マークのろくでなしぶりが表面化し、サッチャー首相にイギリス国内中から非難を浴びたんです。
 
 育て方を間違えた サッチャーの汚点・・・
でも、そういうのも ひっくるめて "サッチャー"なんです。
2013/02/15(Fri) 07:40 | URL  | zebra #ngCqAwRo[ 編集]
<zebra さん>

光と影。そういうのを知って観ると
また違ったかもしれないです。こんばんは。

鉄の女と呼ばれた政治家としての顔しか知りませんでした。
ああ、屈強な女性も子育ては残念だったのか、と。
ストリープの演技は見事でしたね。さすがの貫禄。
2013/02/18(Mon) 00:13 | URL  | <zebraさん>きく #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。