スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕等がいた 後篇
2013-01-05 (土) | 編集 |
今日のレンタルDVDは 僕等がいた 後篇

感想を一言で言うと…どんだけ一途。

<ストーリー>

僕等がいた 後篇 - goo 映画より


両親が離婚した矢野元晴は、母親と共に東京に引っ越す事となる。
最初のうちは恋人の高橋七美に毎日電話をしていた矢野だが、
母親の失業・ガン発覚・闘病などが重なり、
だんだん電話もできなくなる。
釧路で電話を待っている七美は何も知らず、矢野を信じていた。
七美は東京の大学に進学し、卒業後は東京で就職を決めるが、
一度も矢野とは会えないままだった。
その間、七美を慰めていたのは、
矢野の親友・竹内匡史の存在だった…。



同名コミックはまだ未読。
前偏(こちら)を観てから時間が経ってしまった。

すぐに借りたかったんだが、なかなか借りられず。
この正月休みに、ようやく!です。


以下ネタバレ注意


後篇は東京へ引っ越してしまった彼と
釧路で待つ、彼女の話。


遠恋だけど順調に愛を育み(´∇`)ケラケラ
仲睦まじい感じだったものの


リストラされたママン、病気になるわ
精神的にもおかしくなっちまって
非業の最期を遂げました的。


また大切な人を亡くしてしまった彼、
電話を待つ彼女。だんだん連絡を取らなくなり…


そこに現れたるや、元カノの妹。
怖い。もう、そんだけ追いかけるとか怖い。
一途っちゃ一途だけど、軽いストーカー並。


重い。もう、執念か!くらいの追っかけ。
一途っちゃ一途だけど、重すぎて恐怖。


いや、結局彼が好きつーより
姉ばかり!母も彼も皆、姉ばかり!て
誰もわかってくれない、て。そっちだな。


てかこの物語。
流石、少女マンガだけの事はあって一途。
もう、皆が皆どんだけ一途なのか!て話。


彼が好きな事をわかってて
それでもイイよ、てプロポーズまでする男に


連絡が取れなくなっても、
さよならは言われてない、つって思い続ける彼女。


前作にくぅーーとなっていたワタクシ的には
今作は、何故そこまでして思う!て
それはワタクシが年取ってるからか(笑)


最後の最後に彼女の元へ
ようやく帰っていった彼。
めでたしめでたしなんだけど。


ま、こんな長いことヒトリを思ってられる、て
そこら辺は、まあ、スゴいですけども。


客観的に観てると、
不幸話が天こ盛りすぎてちょっと冷めた♪~( ̄ε ̄;)
いや、これでこそ少女マンガ!


主演の彼女は高校時代を演じていた時
大変可愛かったです。


彼女を好きな男友達は…その、あの、えっと
高校生つーのは、無理があった感。



うん。これはこれでなかなか楽しめた。
ブルーレイを買う気にはならなかったけど。
てか前篇を観て、期待しすぎた感。


そんなわけで今年も月、数本で
ゆるく更新する所存でございますゆえ
本年もよろしくお願い致します。


個人的評価:★★★☆☆

僕等がいた(後篇)スタンダード・エディション [Blu-ray]僕等がいた(後篇)スタンダード・エディション [Blu-ray]
(2012/10/19)
生田斗真、吉高由里子 他

商品詳細を見る
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。