スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BRAVE HEARTS 海猿
2013-02-21 (木) | 編集 |
今日のレンタルBDは BRAVE HEARTS 海猿

感想を一言で言うと…迫力あり。

<ストーリー>

BRAVE HEARTS 海猿 - goo 映画より

海上保安官の仙崎大輔とバディの吉岡哲也は、
海上保安庁最高レベルのレスキュー能力を誇る
“特救隊”こと「特殊救難隊」の隊員となっていた。
仙崎の妻・環菜は第二子を妊娠中で、
家族三人、幸せに暮らしている。
吉岡には、CAをしている恋人・美香がいる。
ある日、美香の乗ったジャンボジェット機206便が
羽田上空にてエンジン炎上のアクシデントに見舞われる。
空港への着陸が困難となった206便は、
海上への着水を強行するが…。


映画、第4弾(前作の記事はこちら)。
友人が号泣した、て言うので
珍しく映画館まで行って観た作品。
BDが出たので再び鑑賞。

以下ネタバレ注意

簡単にまとめると…
ジャンボ旅客機のエンジントラブルで
東京湾に着水するにあたり


皆で力を合わせて乗客乗員、全てを
家族の元に帰します!て、話。
て簡単すぎるか(笑)


出世を蹴って
自ら特殊救難隊に志願した仙崎。


二人目の子供を身ごもり
こんな世の中で、子供は産まれてきて
幸せなんだろか?て迷う嫁、環菜。


スッチーの彼女に結婚を申し込んだけど
アッサリ振られた後輩、吉岡。


エンジントラブルを起こした
飛行機に搭乗してた結婚の申込みを
断ったスッチーの美香。


この4人が主軸なんですけども。
他、運だけできた…つって

最初は反感持ってる感じの嶋さんに
下川さんだとかも加わって
話が進んでゆきます的。


飛行機が着水するだとか
炎上するだとか、沈没するだとか
迫力ありました。


大抵、映画化されて回を重ねると
段々ショボくなっていきますが
これは段々良くなってる、て思う。


今作は泣いた(笑)
各々が各々の最善を尽くし
必死の救命するあたりでウルっときて


仲間を残しておけません、て
捜しに行くあたりで涙腺、決壊。


ワタクシ、誰かが亡くなって…て
終わり方が好きじゃないので。


実は海底でエアーを吸って生き延びてました、て
ご都合、良すぎでしょ!て思えど、これはヨシ!
海上で手を振ってメデタシ、で万々歳。


皆が生きて帰って
誰ヒトリとして亡くならない、て
そういうの、ホッとする。


前作で終わりかと思ってたのに
またやるんかい!て思ってましたが。
今作が一番良かったです。ワタクシ的に。


また続きがあるなら観たいんですけど。
次はナス!て、原作者の方が明言されてますゆえ
オトナの事情でこれがホントに
最後かと思うと残念ですけど。


作品全体的に良かったです。
パニック映画として観ても良作だと思う。


ま、ドラマだとかを観ていなくても
案外観られる作品ではあるものの
やはり流れ的に、観ておくとイイかと思います。


個人的評価:★★★★☆


BRAVE HEARTS 海猿 スタンダード・エディション [Blu-ray]BRAVE HEARTS 海猿 スタンダード・エディション [Blu-ray]
(2013/01/18)
伊藤英明、加藤あい 他

商品詳細を見る
テーマ:Blu-ray
ジャンル:映画
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。