スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンガー・ゲーム
2013-02-27 (水) | 編集 |
今日のレンタルBDは ハンガー・ゲーム

感想を一言で言うと…中途半端。

<ストーリー>

ハンガー・ゲーム - goo 映画より

最先端都市・キャピトルと12の隷属地区から
構成される巨大国家ベナム。この国では、
74年前の反乱戦争への見せしめのため、
各地区の12~18歳の少年少女の中から男女一人ずつを選出し、
殺し合いをさせる“ハンガー・ゲーム”が行われている。
カットニス・エバディーンは妹の身代わりとして、
第74回ハンガー・ゲームに12地区の女子代表として
出場することになる。12地区の男子代表となった
ピータと共に、ゲームの行われるキャピトルへ向かう…。



原作、未読。
話題になっていた作品だったので
どんな?て思って借りた。

以下ネタバレ注意


かつて政府に反逆した
貧しい地区の人々を、
見せしめの為にゲームに参加させて、
て言うてるけど実は首都に住む富裕層の娯楽です、て
そんな話なんですけども。


σ(-ω-;)エート
率直に言うと、説明不足かな。これ。


妹がそのゲーム参加者に選ばれちゃったから
姉が身代わりとして志願して戦います、て
そんな展開なんですけども。


まず選出された各地区の人々の
細かい人物像もそうだけど
どういった地区のどんな、が抜けてるもんで。


ルーがお亡くなりになった時は
ワタクシ、ちょっと涙出そうだったものの
暴動が起きたりの背景だとか


同じ12地区の男子が何故、最初に
他の地区の子たちと一緒にいたのか、とかね


キツネ顔の女の子の事とか
なんか、キッチリした説明ナスで曖昧だもんで
映画の世界観に入り込めない。


そいでもって何が、て
最後に生き残って、富裕層のいろいろアレな感じを
潰しに行くだとか、期待するじゃないの。そういうの。


せめて故郷に戻って好きだった
恐らく相思相愛の男の子と何かあるのか、て
それとも、ホントに愛が芽生えたのよー、て


そういうのがあるかと思いきや、一切ナス。
故郷に帰って、はい、終わり!て


これ、続くの?これから、があるの?な。
いや、続編があります的ですけど。


にしては面白さを予感させる事もナスで
なんとも中途半端。


宣伝では面白そうだったので期待したんだけど。
アメリカでは大ヒットを記録、て
そんなフレコミだったけども。ホント?な。


ゲームに参加した若者たちの戦いを
「魅せる」作品かと思ってただけに拍子抜け。
命がけなのに、緊張感もナス。


てか途中でルール変更とか獣を出したりとか
何でもアリにしてるわりに
富裕層の人々の悪人っぷりも中途半端。


アレか。原作を読んだら全然違います的なのか。
続編を待て!て事なんだろか。
期待が大きかっただけに、ワタクシ的に微妙。


個人的評価:★★☆☆☆

ハンガー・ゲーム (2枚組)初回限定仕様: スペシャル・アウターケース付き [Blu-ray]ハンガー・ゲーム (2枚組)初回限定仕様: スペシャル・アウターケース付き [Blu-ray]
(2013/01/16)
ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン 他

商品詳細を見る
テーマ:Blu-ray
ジャンル:映画
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。