スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンカーン/秘密の書
2013-04-08 (月) | 編集 |
今日のレンタルBDは リンカーン/秘密の書

感想を一言で言うと…よく出来てる。

<ストーリー>

リンカーン/秘密の書 - goo 映画より

幼い頃に母を亡くしたエイブラハム・リンカーンは、
母を殺した男の正体ががヴァンパイアだったという事を知る。
母の復讐を果たすため
ヴァンパイア・ハンターとなったリンカーンは、
夜な夜なヴァンパイアと戦っていた。
しかし、ヴァンパイアの食料として
奴隷が売り買いされている事を知り、
奴隷制度を廃止するために政治家になった。
やがて大統領まで上りつめた彼は、
ヴァンパイアを滅ぼすため、南北戦争を開戦を決意するが…。



もうすぐスピルバーグのリンカーンが公開。
映画館で観たいな、て思ってまして。
同じ題材が目についたので借りてみました的。


以下ネタバレ注意


幼き頃、ヴァンパイアに母を殺され
復讐してやろう、て誓った少年が


ヴァンパイアハンターにスカウトされ
にっくきヴァンパイアに戦いを挑みつつも
政治家にもなりますよー的な作品です(違う?)


リンカーンといえば南北戦争、奴隷解放だとか
人民の、人民による、人民のための政府だとか
そのくらいしか思いつかないんですけども。


恐らく偉大な政治家であろう
実在の人物を、よくもこの様な作品に
仕上げましたね、て。


南北戦争で…
ヴァンパイアが出てきちゃうの?な。


いえ、ワタクシなどは
よく出来た話だ、て感心しました的。


幼き頃のお友達やら
寝返ったか!て思わせる方やら
ヴァンパイアさんも素晴らしい動きです。


何が、てハンターにスカウトしたヒトが
実は、てのに意表をつかれました的。


見せ場がいたるところにあって
走る馬に乗っての戦いだとか
実に面白いです。作品的に。


ただ、こう、奴隷として連れてこられた方々が
実はヴァンパイアの餌て(´I ` ;)とか
思っちゃうと冷めるので注意です。


3Dで観たら迫力があったと思うけど
ワタクシの家のテレビは観られませんので
そこが残念なところ。


個人的評価:★★★☆☆

リンカーン/秘密の書 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー (初回生産限定) [Blu-ray]リンカーン/秘密の書 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー (初回生産限定) [Blu-ray]
(2013/03/22)
ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クーパー 他

商品詳細を見る
テーマ:Blu-ray
ジャンル:映画
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。