スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
007/スカイフォール
2013-05-14 (火) | 編集 |
今日のレンタルBDは 007/スカイフォール

感想を一言で言うと…ボンドガールは、誰?

<ストーリー>

Mの指令により、HDDを取り戻すべく追跡中のボンドは、
味方の誤射により渓谷に落下し、行方不明となる。


て、簡単すぎですか。そーですか。
ワタクシの中でジェームズ・ボンドは
やはりショーン・コネリーなんですけど。
最初に観たのがソレだから。イメージ的に、ね。

50周年、記念作品!て事で
いえ、ワタクシなんやかんや言いながら
007が大好きですゆえ借りました。


以下ネタバレ注意


そいえばダニエル・クレイグが
ボンド!て事になった時、賛否ありましたな。


実はワタクシも…なんか、こう、違わね?て。
ご多分に洩れず、そう思ったクチです。
身長がどうの、でなくて。あくまでイメージが。


今作で23作だそうですが。多分ほとんど観てます。
途中でもうイイかな、て4代目、5代目ボンドあたりで
少々ダレてきたのが正直なところ。


が、この作品で2番目に好きなボンドになりました。
正直なところボンドとして!は、何か違う。


けれどもダニエル・クレイグのボンド。好きです。
作品として、今作はかなーり面白いです。


ボンドと言えば、ボンドガールがお決まりですが。
あの、今作のボンドガールは誰?て
セヴリンなんでしょうけど。存在感、薄っ


いや、イヴか?と思いきや
最後で違った!てわかる。
ま、今回は、Mですな(笑)間違いナス。


お年を召してきて…でなくて
ミッションの失敗から引退を迫られるMですけど。
長らく演じておられましたが遂に殉職(´;ω;`)ウッ…


今作で特筆すべきはは、Qが出てきた事と
故郷、スコットランドの生家。
生い立ちとかそういうの、今までなかったから。


最初に死んだ、と思わせてぐいぐい引き込まれ
敵はMの元部下。MI6の事をよく知っている上に
かなりの切れ者。


組織に見捨てられ、Mに恨みを抱くものの
ママとか呼んでますし、怖さ倍増。
かわいさ余って憎さ百倍的な感じか。


派手な爆撃だとかありつつ
最後はじーさんと、ばーさんと、ボンドで
そんな切れ者と戦うわけだけど。


スパイは時代遅れだとか
そういう、現代においての云々もありつつ
次のMも決定しました的。


総じて、この007はかなり良い出来。
前作、前々作。カジノ・ロワイヤル、慰めの報酬も
それなりだったけど。


ワタクシ的に久々に面白かった007。
音楽もかなりイイです。


個人的評価:★★★★☆

007/スカイフォール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]007/スカイフォール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
(2013/04/03)
ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム 他

商品詳細を見る
テーマ:Blu-ray
ジャンル:映画
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。