スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢売るふたり
2013-07-30 (火) | 編集 |
今日のレンタルDVDは 夢売るふたり

感想を一言で言うと…複雑。

<ストーリー>

小料理店を営んでいた夫婦は
ある日、火事で店を消失してしまった。
再出発の為に結婚詐欺で
資金を貯めようと思いつく。


何の予備知識もナスで
役者さんとタイトルだけで借りたので
違った話を想像してました。

以下ネタバレ注意


順風満帆だった小料理屋が火事になり、
新たに店を開くべく
妻が結婚詐欺を計画し、夫が女性を騙す、て


そんな作品なんですけども。
夫は落ち込み、妻は奮起。


料理関係の職に就くも
夫は雇われの身もそうだしコダワリが捨てられず
妻はラーメン屋ですぐ馴染みます的。


特筆すべきは松さんの演技。
スゴいな、て思う。しみじみ。
怖いもの。いろんな意味で。


てかそこまでやるか、て
体張った演技してますわね。


夫である阿部さんが一番
弱いけど人間らしい。


詐欺の被害に遭う女性達は気の毒ですけど
アレはアレで幸せだったのかな、て。


一番幸せを求めていたのは妻だった、て
そういう事なんですかね。


題名通り夢を売るのかてか
コメディかと思ったら違ったけど。


てか詐欺とか言いながら
子持ち女性に本気だったよね、夫。


詐欺とは言え
他の女性に心も体も奪われる嫁。
嫉妬心でキツかったのは間違いナス。


が、しかし。
最後は何とも後味悪いったら、もう。


そこで終わるの?て
救いナスか!な、そんな作品。


個人的評価:★★★☆☆

夢売るふたり [Blu-ray]夢売るふたり [Blu-ray]
(2013/03/06)
松たか子、阿部サダヲ 他

商品詳細を見る
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。