スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LOOPER/ルーパー
2013-11-19 (火) | 編集 |
今日のレンタルBDは LOOPER/ルーパー

感想を一言で言うと…意外や意外。

<ストーリー>

2044年、タイムマシンは開発されたが
タイムループは法律によって
未来では使用は禁止されていた。
闇の世界では消したい標的をタイムマシンで
30年前に送り、ルーパーと呼ばれる暗殺者によって
処理させていたが、ある日、
ルーパーであるジョーの元に
未来から送られてきたのは30年後の自分だった。


予備知識ナス。ブルース・ウィリス、
ジョセフ・ゴードン=レビットの
名前だけ!で借りてみました。


以下ネタバレ注意




近未来、30年後にはタイムマシンが出来ていて
でも、使用は禁止されていて


犯罪組織なる闇の世界のヒトが
30年前の殺し屋に銀の延べ棒と引き替えに、
やっといて!て始末を頼むんですけども。


やってきたのは未来の自分。
現代の自分との戦いです!て作品です。
いや、違う気がしなくもナスです。


何の予備知識もナスだったため
主役だと思ってたのに
なかなか出てきませんね、ブルース・ウィリス。


て思ってたら、そういう事ね!な。
強さを発揮してます。
愛する者の為に昔の自分を説得しなきゃ!な。


いや、そもそも30年前でなくても良くね?て
言うては話になりませんゆえ。


てかその前に!言うておきたい。
ジョセフ・ゴードン=レビットて…
こんな顔でしたっけ???


何、この違和感。
あー なるほどねー 
30年後の同一人物だものね(笑)


いや、にしても、それはなくね?な。
メイクするにもほどがあります的。
ま、そこも大目に見ましょうか。


特筆すべきは子役の、シドです。
なんか違和感アリアリのお顔で
必死に自分VS自分を繰り広げたのに


全部、子供に持っていかれた感。


いえ。ストーリーは意外でした。
これ以上のネタバレはご覧になってない方の
観る価値をなくしてしまうので自粛。


てかそうきましたか!て
なんやかんや言いながら
ワタクシ的には面白かったです。


個人的評価:★★★☆☆

LOOPER/ルーパー [Blu-ray]LOOPER/ルーパー [Blu-ray]
(2013/07/10)
ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット 他

商品詳細を見る
テーマ:Blu-ray
ジャンル:映画
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。