スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンカーン
2013-12-10 (火) | 編集 |
今日のレンタルBDは リンカーン

感想を一言で言うと…歴史の勉強が必要。


<ストーリー>

1865年、大統領に再選されたリンカーン。
南北で内線が続く中、
憲法修正に必要な票を得るため、
国務長官と工作をはじめる。


話題作だったもんで
映画館で観たい!て思ってたんだけど
そいえば、ちゃんと歴史的に
知らないよな、て事でやめて借りました。


以下ネタバレ注意



以前、観た秘密の書(こちら)とは全く違って(笑)
こちらはアレです。
ヴァンパイアとか出てこない、伝記。


子供の頃、わりと伝記ものが好きで
本で読んでた気がするんですけども
リンカーンは読んでないわー 知らないわー


でもふつうに皆さん、知ってる話っぽいので
いや、ワタクシ。知らなくて、
むしろごめんなさい。


まず初っぱなが怖いです。
冒頭で南北戦争をイヤてほど見せられ
間違ったかな、借りたこと!て思った次第。


でもアレだな。いるな。コレは。
戦争映画でも政治映画でもなく
大統領の最期まで、を描くから。


奴隷制度とか政権を巡る話なので
途中、ワタクシには
小難しい場面が多々ありましてね。


特筆すべきは全く知らないですけど
リンカーンと言えば!みたいな
容姿がソックリな事と


CMでお馴染みの
トミー・リー・ジョーンズの名演。


いや、リンカーン。
撃たれたシーンは見せないんですけど
そのおぼろげな、でもその最期の
背景とか余韻とかでグッとくる感じ。


でもちゃんと知ってたら
もっと見方が変わってかな、て。
ソレは、たんなる勉強不足。


個人的評価:★★★☆☆

リンカーン [Blu-ray]リンカーン [Blu-ray]
(2014/02/05)
ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド 他

商品詳細を見る
テーマ:Blu-ray
ジャンル:映画
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。