スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
許されざる者
2014-01-30 (木) | 編集 |
今日のレンタルBDは 許されざる者

感想を一言で言うと…貫禄。

<ストーリー>

かつて人斬り十兵衛と恐れられたオトコは
妻との出会いによって改心し、農業をしていたが
愛する妻に先立たれ、子供達と極貧生活。
昔の仲間と懸賞金を貰うべく
顔を切られた女郎の敵討ちに出かけます、て話。

イーストウッド主演、監督の
許されざる者のリメイク、て。どーなの?
本家は相当!面白いわよ?て借りてみた。


以下ネタバレ注意


1880年代の北海道が舞台。
幕府の残党、十兵衛は妻亡き後
ふたりの子供と極貧生活。


そこへ生き残りの昔の仲間が賞金稼ぎして、
フタリで山分けしよーぜ、てやってくるが、


もう真っ当な道を歩んでるんだぜ、て
一度は断るものの、伝説の人斬りが
再び刀を抜きましたよーて。そんな話です。


σ(-ω-;)エート 比べちゃうと
そりゃ、ね、イーストウッドですよ。圧勝。
そんなの観る前から、わかってました。


てな事を言うてもアレなので。
こちらも、思ったよりちゃんと出来てました。
役者さん、流石の貫禄です。


主演の渡辺謙さんのオーラは勿論、
佐藤浩一さんも柄本さんも、
存在感がスゴい。重厚感、半端ナス。


が、特筆すべきは小池と柳楽さん。
こんな演技が上手なんですね。
負けてないです。主役級の俳優さんたちに。


女郎なつめの顔が切り刻まれた、て言うわりに
大した傷じゃないので。そこら辺、
ワタクシ的に感情が入らないんですけど


西部劇を時代劇に?て
洋画を邦画に?て思ってましたけど。
違和感てのは、それほどナスでした。


北海道の未開拓な感じとか
イイ感じに描いております。


が、残念ながらラストが微妙。


どちらも未見ならば断然オリジナル、
イーストウッドの方をオススメしますが
悪くはナスです。邦画、頑張りました的。


個人的評価:★★★☆☆

許されざる者 [Blu-ray]許されざる者 [Blu-ray]
(2013/12/25)
渡辺 謙、佐藤 浩市 他

商品詳細を見る


許されざる者 [Blu-ray]許されざる者 [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリント・イーストウッド、ジーン・ハックマン 他

商品詳細を見る
テーマ:Blu-ray
ジャンル:映画
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。