スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君のためなら千回でも
2014-03-17 (月) | 編集 |
今日のレンタルDVDは 君のためなら千回でも

感想を一言で言うと…翻弄されすぎ。

<ストーリー>

平和だった頃のアフガニスタンで
少年時代を過ごしたアミールとハッサン。
ソ連侵攻の際、アミールは父と共に
アメリカへ亡命する。
20年後、平穏に暮らすアミールの元に
一本の電話が入り、独裁政権下の故郷へ向かう。
そこで待ち受けていたのは衝撃の事実だった。


何の予備知識もナスで
泣ける!て聞いて、借りた作品。
原作未読。


以下ネタバレ注意



子供の頃、強い絆で結ばれていた幼馴染み。
人種の違いとやらでイジメられていたのに
助けられなかった少年。


後悔と過ち、そして後ろめたさを持ち
運命によって引き裂かれたフタリの少年。


亡命後、本を出したアミールは
家を守る老人の電話で20年振りに故郷に戻る。


そこにはかつて共に育ったハッサンの姿はなく
その子供が…て話なんですけども。


こう、民族間とか宗教とか
未だにいろんな事が起こっていて


端から見ると、何故!て思いはあれど
国際社会が見捨てた結果が今の現状で


ワタクシはちゃんとこの国を
見てなかったな、てか
危ない国だな、としか思ってなかったですが


かつて平和だった頃に過ごした故郷は
跡形もなく消え去り、


民族間の差別とか偏見とか
残酷でもあるけどソレが現実で。


平和だった頃に凧揚げしたり、の光景が
より泣かせるんですけども。


子供の頃は差別とか偏見とか
そういうのを持っていないはずなのにね。


どこの地に生まれたか、で
人生が大きく変わり


この激動の現実に希望を持ちなさいとか
簡単に言えないけど


過去を悔やんだ今を
どう生き、どう動くのかを
自分自身が考えさせられる作品。


観ていて切ないを通り越して
苦しくなる強いメッセージ性のある作品です。


個人的評価:★★★★☆

君のためなら千回でも [DVD]君のためなら千回でも [DVD]
(2010/02/26)
ハリド・アブダラ、ホマユーン・エルシャディ 他

商品詳細を見る
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。