スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
永遠の0
2014-10-20 (月) | 編集 |
今日のレンタルBDは 永遠の0

感想を一言で言うと…歌に泣く。

<ストーリー>

祖母・松乃の葬式のあと、
祖父とは血がつながらない事を知った
孫の健太郎は本当の祖父・宮部を調べるため
戦友の元を訪ね歩く。



長い原作を先に読んでいたので
どうやって1本の作品にまとめてくるのか、
その前に、この作品に賛否あったので
何が?どこら辺が?て。観てみたかった。


以下ネタバレ注意



ばーちゃんの葬式で泣き崩れる、じーちゃん。
娘と孫は、そんなじーちゃんにビックリ。
ばーちゃんは幸せだったんだね、て。


いやいやいやいや
そうでもねーですぜ?戦時中は苦労してるし。
ホントのお父さん(じーちゃん)の事とか…ね。


え?じーちゃんて。ホントのじーちゃんじゃない?
え?宮部久蔵て名前?
孫が血の繋がった祖父の軌跡を辿る。



戦争ものは、難しいですね。
真実がどうだったか、というより
どうしても主人公目線で観ますからね。


あの時代に、臆病者と言われ様と
家族の元に帰りたい!て口に出して言える
というのは、やはりスゴい事だったと思うし。


そんな宮部さんが、何故最後に特攻を選び
教え子に妻と子を託す事にしたのか、


そしてコレが恐らく賛否を生んだ
宮部さんが最後に微笑むシーン。


見据えてたんじゃね?
日本の未来を。ていうより嫁と子供の未来を。
ワタクシはそう解釈したんですがね。


この作品は特攻の美化とか、
してないと思いましたけどね。ワタクシは。



ガッコの友達との合コンで
テロリストと同じだろ、て意見に
納得いかない孫でしたけど。



これはこの生死を巡る永遠に尽きない話を
客観的に見た人との違いかしらね。



泣かせよう、泣かせよう、な作品は
かえって身構えて泣けないんだけど。


教え子あたりの話が
ウマく出来すぎだったり、で
若干アレだけど。


脇を固める大御所の
役者さんの演技に引き込まれ


誰しも好き好んで散ったのではない。
誰かが自分の死を悲しんでくれる、て
そんなことを考えて、


ラストに流れる歌でうっかり涙。
あー まんまとやられた感。
でもワタクシは珍しく2回観た作品。


個人的評価:★★★☆☆


永遠の0 Blu-ray通常版永遠の0 Blu-ray通常版
(2014/07/23)
岡田准一、三浦春馬 他

商品詳細を見る



永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る
テーマ:Blu-ray
ジャンル:映画

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。