スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かぐや姫の物語
2015-02-02 (月) | 編集 |
今日のレンタルBDは かぐや姫の物語

感想を一言で言うと…丁寧なつくり。


<ストーリー>

光り輝くタケノコの中から見つかった
姫は天からの授かりものとして
大事に育てられる。自然の中で育った姫は
やがて美しく成長するのだが…


ジブリで竹取物語?かぐや姫?て思ったのと
そもそもかぐや姫て、知ってはいるけども
余りに子供の頃に読んだせいか
最早、うろ覚えゆえ借りてみた。




いや、シンデレラとか白雪姫なら
スラスラと内容は言える気がするんだけども。
かぐや姫…さて、確か…


竹の中から生まれた女の子が
大層、美しく成長して
殿方に言い寄られます的だけども


全てお断りして
やがて月に帰っていく物語。
ワタクシの認識ではソレ以外思い浮かびません。


でも実は!てのがこの作品ですな。
何故、月に帰るか!とかね
心情がいろいろあったのですな、姫にも。


子供の頃、地元の子供たちと
野山を駆け回り、それが幸せだった。


だけども、そこは姫。
知識と教養を見につけ、美しい着物やら
ふさわしい殿方…て考える(育ての)親心。


どっちもわからなくはナスだけども。
てか、あの、大きくなった姫が
にーちゃんに会った時、


にーちゃんには
嫁と子もありながら、一緒に行こう…て、おい!
叶わぬ恋と言うのか何なのか。


こっちと一緒になってりゃ幸せでしたのに的な
何かがあるのはわかるんだけども。
宿命!てヤツなんだな、これ。


いや、しかし。
こう今更ですけど。こんな話なんですね。


子供が読む絵本!な。
そんな感じでおりましたし
可哀想!とか思ってましたけど。


実はオトナが観ても、
いや、オトナだからわかるいろんなシガラミ。
目線を変えてみると、感慨深いです。


何の不自由もナスな月に帰るけど
涙が流れるのはなぜか、とか奥が深い。


イイ話でした。


個人的評価:★★★☆☆


【早期購入特典あり】かぐや姫の物語(「かぐや姫の物語」巾着袋) [Blu-ray]【早期購入特典あり】かぐや姫の物語(「かぐや姫の物語」巾着袋) [Blu-ray]
(2014/12/03)
不明

商品詳細を見る


テーマ:Blu-ray
ジャンル:映画
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。