スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターステラー
2015-07-07 (火) | 編集 |
今日のレンタルBDは インターステラー

感想を一言で言うと…こんがらがる。

<ストーリー>

近未来の地球は
人類滅亡の危機に晒されていた。
元エンジニアで今はトウモロコシ農場を
営むクーパーが、
宇宙の未開の地へ行くミッションを与えられ
必ず戻ると家族に約束して宇宙船に乗り込んだ。


映画好きと言うておりますが、
ワタクシ、ホラーとミュージカル、
そしてSF作品が苦手です。

怖いの苦手。幽霊とか怖い。
劇中で歌って踊られても困る。
そして宇宙人とか出てくると萎える。

そんなわけでほとんど観ないのですが。
コレはアレです。友人や同僚が
おススメ!て言うので借りてみた。




まあ、とにかく長い!
ゆえに最後まで飽きる事なく観られるか、と
思っていたのですが。


なんてこたーありません。
ぐいぐい世界に入り込めます。


反抗期の娘。
父が宇宙に行ってしまう事に対し
なんでよーー!!な。


えっと、あの、重力がなんやらで
そこんとこが、どーなって、て


教授のホントは答えが出てるのに、て
なんてこった!な事になるわけですが。


先に宇宙に旅立っていた教授、
自己中…いや、正義感に燃えた
ホントのチョイ役に
まさかのマット・デイモン。
え?ここで出てくるの?な。


宇宙では時間の流れが違うとやらで
地球時間で年を取る娘と、
父の年の取り方は違うわけで。


いつの間にか娘が親父の年を越し
親父は地球では高齢だけども


見た目年齢はそのまま。
浦島太郎か!な事になり
ワタクシ、こんがらがってきました的。


ただ、宇宙人は出てこないので(笑)
最後まで観る事が出来ました。
感動作て言うだけの事はありました。


これくらいの壮大さがあれば
悪くないです。SFも。


個人的評価:★★★★☆





テーマ:Blu-ray
ジャンル:映画
コメント:
この記事へのコメント:
紹介
日本語の起源・言霊百神
2015/07/11(Sat) 23:59 | URL  | コトタマ学 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。